本文へジャンプ

東急カード株式会社TOKYU CARD;

一部ページを表示できない場合の回避方法

ページを正しく表示できない場合の画面の見え方

サイトリニューアル以降ブラウザで互換表示の設定が有効な場合、閲覧中のページが表示されない場合があります。また、ご利用の拡張機能とTOKYU POINT Webサービスのページ描画処理が干渉し閲覧中のページが表示されない場合もあります。ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
メニューを表示できないケースは下記2種類の場合があります。

ケース1

ビジーインジケーター(下図参照)が表示されたまま内容が表示されない。

図:ビジーインジケーター

ケース2

下図のようにサイドメニューやヘッダーメニュー、フッターメニューが表示されるが内容が表示されない。

図:メニューのみが表示された画面イメージ

回避方法

Microsoft Internet Explorer のブラウザの互換表示の設定を変更することや拡張機能を一時的に無効にすることで、正しくページを表示できる場合があります。それぞれの設定変更方法をご案内いたします。

  • Microsoft Internet Explorer のブラウザの互換表示設定を変更すること
  • 拡張機能を一時的に無効化すること

Microsoft Internet Explorer の互換表示の設定変更

Microsoft Internet Explorer のブラウザの互換表示の設定を「有効」から「無効」に変更することで表示の問題が解決する場合があります。互換表示の設定を「無効」に変更する方法をご案内いたします。
また、Microsoft Internet Explorer 以外のブラウザにて閲覧いただくことで表示の問題が解決する場合があります。

Microsoft Internet Explorer の表示互換設定は、各製品により変更方法が異なります

Microsoft Internet Explorer 8・9・10 の場合

互換表示の設定を変更する方法は2通りあります。

ケース1

  • (1)アドレスバーの右端にある[互換表示]をクリック。

ケース2

  • (1)メニューバーの[ツール]をクリック。
  • (2)[互換表示(V)]をクリックしチェックを外す。
  • (3)メニューバーの[ツール]‐[互換表示設定(B)]をクリックし、いずれかにチェックがある場合、すべてのチェックを外す。

Microsoft Internet Explorer 11 の場合

  • (1)ツールボタンをクリック。
  • (2)[互換表示設定(B)]をクリック。
  • (3)互換表示に追加したWebサイト(W)の「topcard.co.jp」を選択し[削除(R)]ボタンをクリック。

表示互換の設定を「無効」としても問題が解決しない場合

  • キーボードで「Ctrlキー + F5キー」を同時に押下してください。(キャッシュの強制再読み込みを行ってください。)
  • 広告をブロックするアドオンを無効にしてください。
  •  (1)ツールボタンをクリック。
  •  (2)[アドオンの管理(M)]をクリック。
  • (3)対象のアドオンを選択し[無効にする(B)]ボタンをクリック。

はじめに

一部のページが表示されなかったりフリーズしたりするなど正常に動作しない場合、古い拡張機能のご使用や、拡張機能のプログラムエラー、コンテンツブロック(広告ブロックの拡張機能)などの原因が考えられます。
拡張機能を一時的に無効化することで正常にページを表示できる場合があります。ここでは、拡張機能を一時的に無効化する方法をご案内します。拡張機能を無効化し正常にページを表示できる場合、ご利用のブラウザや拡張機能の不具合の可能性があるため、各メーカーにお問い合わせください。

  • 拡張機能はソフトウェアの機能を拡張するための追加プログラムのことです。アドインやアドオン、プラグインとも呼称します。

拡張機能を無効化する方法

ご利用の端末種類や端末のオペレーティングシステム(OS)により拡張機能を無効化する方法が異なります。各種類の方法をご案内します。

ご利用の端末がパソコンの場合

ご利用の端末がスマートフォン・タブレットの場合

ご利用の端末がパソコンの場合

Windows 7、Windows Vista で Internet Explorer の拡張機能を無効化する場合(イメージは Windows 7)

  • (1)[スタート]をクリック。
  • (2)[Internet Explorer]と入力。
  • (3)[Internet Explorer(アドオンなし)]をクリック。
  • (4)拡張機能が無効化された Internet Explorer が起動。
  • (5)アドレスバーに TOKYU POINT Webサービス のURLを入力。

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 で Internet Explorer の拡張機能を無効化する場合(イメージは Windows 10)

  • (1)[スタート]を右クリック。
  • (2)[ファイル名を指定して実行]をクリック。
  • (3)[iexplore -extoff]と入力。
  • (4)[OK]をクリック。
  • (5)拡張機能が無効化された Internet Explorer が起動。
  • (6)アドレスバーに TOKYU POINT Webサービス のURLを入力。

Mozilla Firefox の場合

  • (1)メニューボタンをクリック。
  • (2)ヘルプボタンをクリック。
  • (3)[アドレスを無効にして再起動...]を選択。
  • (4)[再起動]ボタンをクリック。
  • (5)[セーフモードで起動]ボタンをクリック。
  • (6)セーフモード(拡張機能が無効化された状態)で Mozilla Firefox が起動。
  • (7)アドレスバーに TOKYU POINT Webサービス のURLを入力。

Google Chrome の拡張機能を無効化する場合

  • (1)Chrome メニューをクリック。
  • (2)[シークレット ウィンドウを開く]を選択。
  • (3)拡張機能が無効化された「シークレット ウィンドウ」が起動。
  • (4)アドレスバーに TOKYU POINT Webサービス のURLを入力。

Mac OS で Safari の拡張機能を無効化する場合(イメージは Mac OS X 10.8)

  • (1)[環境設定]の[拡張機能]タブをクリック。
  • (2)[切]にスイッチ。
  • (3)safari を起動しアドレスバーに TOKYU POINT Webサービス のURLを入力。

ご利用の端末がスマートフォン・タブレットの場合

iOS の safari の拡張機能を無効化する場合

  • (1)[設定]をタップ。
  • (2)[safari]をタップ。
  • (3)[コンテンツブロッカー]をタップ。
  • (4)一覧の全アプリをOFF。