本文へジャンプ

東急カード株式会社

オートチャージの有効期限

オートチャージサービス機能付PASMOをご利用の場合、有効期限切れの際に更新手続きを行っていただく必要がございます。
お持ちのオートチャージサービス機能付PASMOの種類を以下よりお選びください。

(A)クレジットカードとPASMOを別々にお持ちの方

記名PASMO+TOKYU CARD

PASMOオートチャージサービスには有効期限がございます

  • オートチャージサービスの有効期限は原則、クレジットカードの有効期限の月末と同じです。
  • オートチャージサービスの有効期限はオートチャージサービス機能付PASMOの新規発行を申込まれた場合は、PASMOを送付した際の送付台紙に記載してあります。また、すでにお手持ちになっているPASMOに、オートチャージサービスを申込まれた場合は、(株)パスモより設定準備完了時に送付したご案内ハガキに記載してあります。

有効期限が到来する場合は駅での有効期限延長のお手続きが必要です

STEP1

お手続きのご案内は、クレジットカードの更新時に「お手続きのお知らせ」を新しいカードとともに送付します。

新しい有効期限のTOP&カード お手続きのお知らせ
STEP2

お持ちのオートチャージサービス機能付PASMOと新しいクレジットカードに同封されている「お手続きのお知らせ」をPASMO鉄道事業者の駅にお持ちください。

  • 新しいクレジットカードの持参は不要です。
記名PASMO お手続きのお知らせ
STEP3

駅係員に有効期限延長の手続きに来た旨をお申出ください。

  • 一部、延長のお手続きができない駅がございます。詳しくはご利用になるPASMO鉄道事業者にお問合わせください。
  • 東急線各駅では、自動券売機での延長のお手続きができます。(恩田駅、こどもの国駅では有効期限延長のお手続きができません。)

有効期限延長のお手続きには「お手続き可能期間」がございます

  • 延長のお手続き可能期間はオートチャージサービスの有効期限の7日前から有効期限の6ヵ月後までとなっています。
  • オートチャージサービスの有効期限が到来し、かつ駅での延長のお手続きを実施いただけていない場合、オートチャージサービスを一時停止いたします。
    ただし、期間内に駅でのお手続きを実施いただければその場でオートチャージサービスを再開いたします。
  • オートチャージサービスの有効期限到来後、6ヵ月以内に延長のお手続きを実施いただけない場合、PASMOオートチャージサービスは退会となります。
  • オートチャージサービス退会後も、お手持ちのPASMOは通常の記名PASMOとしてご利用できます。
図:お手続き可能期間について

カードのお切替に伴うオートチャージサービス有効期限延長について

  • クレジットカードのお切替やゴールドカードへの変更をされた場合、クレジットカードの有効期限変更に伴いオートチャージサービスの有効期限の延長お手続きが必要となります。
  • 新しいカードがお手元に届いてから約1ヵ月後にご利用になるPASMO取扱事業者の駅で、オートチャージサービス有効期限延長のお手続きを行ってください。
  • 旧クレジットカードの有効期限までに、オートチャージサービスの有効期限延長処理がされていない場合、一時的にオートチャージサービスがご利用できなくなる事がございます。
図:お手続き可能期間について

【JALカード TOKYU POINT ClubQのCLUB-Aゴールドカード切替のお客さま】

新しい有効期限のクレジットカードがお手元に届きましたら、約2ヵ月後を目処に、ご利用になるPASMO取扱事業者の駅で、オートチャージサービスの有効期限延長のお手続きを行ってください。

なお、旧クレジットカードとブランドが異なるお切替の場合は、オートチャージサービスは再設定となります。

(B)クレジットカードとPASMOが一枚になったカード(一体型PASMO)をお持ちの方

一体型PASMO

PASMOオートチャージサービスには有効期限がございます

  • オートチャージサービスの有効期限は、クレジットカードの有効期限の月末と同じです。
  • クレジットカードの有効期限が到来するとクレジット機能だけでなく、オートチャージサービスを含めたすべてのPASMO機能が利用できなくなります。

クレジットカードの有効期限が到来する場合は駅でのお手続きが必要です

STEP1

お手続きのご案内は、クレジットカードの更新時に案内状を新しいカード(一体型PASMO)とともに送付します。

新クレジットカード(TOP&カード一体型PASMO) 案内状
STEP2

旧一体型PASMO、新一体型PASMOおよび案内状をPASMO鉄道事業者の駅にお持ちください。

TOP&カード一体型PASMO 案内状
STEP3

駅係員に一体型PASMOの更新による「PASMO機能」の移し替えに来た旨をお申出ください。このお手続きによりPASMOオートチャージサービスの有効期限も延長されます。

  • 新しい一体型PASMOは、「PASMO機能」を移し替えるお手続きを行わない限り、「PASMO機能」のご利用はできません。旧一体型PASMOにチャージされた金額や定期券等がなくても移し替えのお手続きが必要です。
  • 旧一体型PASMOと新一体型PASMOの両カードがないと、移し替えのお手続きができません。
  • 旧一体型PASMOと新一体型PASMOの両カードに登録された「氏名・性別・生年月日・電話番号」が一致しないと移し替えはできません。個人情報修正のお手続きの後、移し替えを行います。個人情報の修正にはお客様ご本人であることが確認できる公的証明書等が必要です。
  • 有効期限月の翌月以降も移し替えを行うことができます。
  • 一部、移し替えのお手続きができない駅がございます。詳しくはご利用になるPASMO鉄道事業者にお問い合わせください。
  • 東急線各駅では、自動券売機での延長のお手続きができます。(恩田駅、こどもの国駅では有効期限延長のお手続きができません。)