クレジットカードの価値を実感していただくために業務知識とコミュニケーション能力を磨きつづける

クレジット管理部 債権管理課 河村 2017年入社

PROFILE

大学時代まで軟式野球に熱中し、人とのつながりの中で、周囲の人に活気をもたらすことに大きなやりがいを感じてきた。仕事を通じて地域密着を実践する人生を歩みたいと考えていたことが最初の志望理由。中でも東急グループには学生時代から魅力を感じており、クレジットカードを通じて沿線のお客様の生活水準向上に寄与したいという想いから入社。

現在の業務内容を教えてください。

私の所属する債権管理課では、債権回収を行っています。具体的には、お支払日に口座から引落ができなかったお客様に対して、電話や手紙、SMS(ショートメッセージ)などでお知らせし、お支払いをお願いする業務です。私の担当は、引落日を過ぎてから1か月以内のお客様への対応で、そのほとんどが、うっかり口座にお金を準備し忘れてしまったというケースです。中には、残高不足に気づいていないお客様もいらっしゃいますので、そうした方から「教えてくれてありがとう」というお言葉を頂けることもあり、励みになります。債権回収と聞くと怖い印象を受けるかもしれませんが、大切なお客様に今後もカードをご利用いただけるよう丁寧なご案内を心掛けています。

写真

現在の業務の“やりがい”や“面白さ”を教えてください。

最初に難しいなと感じたのは電話対応です。お客様の顔色や様子を目で確認できない電話対応では、お客様と息の合った会話が非常に大切です。入社までは現在のような本格的な電話対応の経験がなかったので、配属後は自分の応対力に不安を感じていました。しかし実務経験を積んでいく中で、上長や先輩が話し方一つひとつから丁寧に教えてくださり、現在ではほとんど独力で対応できるようになりました。
一方で、利益の拡大を目指していく他部署と異なり、会社の利益を圧迫しないよう不良債権を最小限にとどめる点に債権管理課ならではの面白みを感じています。日々数字を意識し、回収率が目標に達したときにやりがいを感じます。

1年目から疑問や見解を遠慮なく発信できる環境で、積極的に行動し、成長を実感。

業務を行う上で常に問題意識を持ち、自分の意見や考えをしっかり発信するよう心掛けています。配属直後は社会人1年目でもあり業務知識も少なかったので、自身の業務に対する疑問や見解を表に出せずにいました。しかしある時上長から、「業務上の疑問については忌憚なく自分なりの見解や改善策を発信してほしい」との指摘をいただきました。それ以来、「気づき」を大切にし、業務において改善できそうなことは自発的に行動するように心掛けています。私は入社1年目ですが、早い段階から責任ある仕事を任せていただき、それがモチベーションになっています。非常に働きやすいとともに、成長を実感できる環境だと思います。

写真
事業戦略部 事業企画課 青山
事業戦略部 お客様センター 小森
クレジット管理部 信用企画課 林
営業部 白川
営業部 大嶧