業務自動化ツールを用いて、働き方改革を実現する

プロセッシング企画部 情報システム課 渋谷 2016年入社

PROFILE

日々の消費活動において不可欠である「お金」に携わる仕事がしたいと考え、金融業界を中心に就職活動を開始。業界分析をしていく中で日本におけるクレジット決済比率の低さを知り、クレジット業界の成長性に着目したことから、同業界を志望。中でも東急グループという大きな組織で唯一の決済事業者であり、地域密着型のサービスを提供している東急カードに魅力を感じ、入社。

現在の業務内容を教えてください。

私の所属する情報システム課は、各部門の業務遂行を支援するコンピュータ情報システムの管理・運用・開発を担当する部門です。
その中で、私が主に取り組んでいる業務は「業務自動化ツール」の開発と運用です。
「業務自動化ツール」とは、主にバックオフィス業務における定型作業を自動化するツールのことで、業務品質向上や業務効率化の観点から、現在多くの業界が注目しているテクノロジーです。
この「業務自動化ツール」を用いて業務改善をするべく、業務分析からロボット開発までのすべての工程に携わっています。

写真

現在の業務の“やりがい”や“面白さ”を教えてください。

業務改善をするためには、その業務を知らないことには始まりません。まずは業務の内容や流れをよく理解したうえで、課題を洗い出し、課題解決に向けてどのようなアプローチをするのが最善か検討します。1つの業務といえども、社内外の様々な部署が関わっているため、多くの人を巻き込みながら見直し、業務フローを再構築していく必要があります。これが醍醐味であり、難しいところでもあります。
それだけに、自らが携わった業務の効率化が実現し、削減時間として効果が表れた際には、大きなやりがいを感じます。業務自動化を推進することで、会社の「働き方改革」の一翼を担っているという意識のもと、日々の業務に取り組んでいます。

会社全体の業務を理解し、業務改善、課題解決のスペシャリストへ

私は入社後、約2年ほど業務部門に在籍しており、主に会員請求や加盟店精算の業務を経験しました。そこでは、クレジットカード会社における売上や精算の仕組みに関する専門的な知識を培いました。
現在所属する情報システム課では、特定の業務に留まらず、会社全体の業務を広く学び、多角的な視点から課題解決に向けた提案をする力が求められています。今後は、情報システム課での経験を通して、業務改善マインドを持った人材になりたいと思います。

写真
事業戦略部 お客様センター 大嶧
クレジット管理部 信用企画課 林
営業部 白川
営業部 池田
クレジット管理部 債権管理課 河村